Home  Where to Buy  USA  Japan
 
Search
Home / News & Events / ニュースレター
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ニュースレター
 
Intel 第6世代 Core-i CPU搭載のファンレスBOX型PC 『WPC-766 / 766E』をリリース

 

医療国際規格IEC 60601-14版認証製品

       医療機器向けにも利用可能産業用のコンピュータ ~ 

Wincommではこの度、Intel 第6世代 Core-i5-6500TE CPU (passmark: 6202) 搭載のBOX型PC  「WPC-766 / 766E」をリリース致しました。ファンレスでありながら、高性能のCPUを搭載し、4K解像度のモニターへの出力もサポートしております。同時に『医療用電気機器の国際規格60601-1-2 第4版』の認証も受けておりますので、第3版と比較して、「静電気放電に対する耐性レベルも高くなり、放射イミュニティの試験周波数及び変調信号の追加と試験レベルも高くなったため、更に安全な製品に仕上がっております。  

 

 

 

手術室、集中治療室や診療室などの医療環境で使用されるコンピュータは安全性だけでなく、医療用の高精細モニターとの接続も必要となるため、医療用の特殊画像処理を含めて、高い演算能力や画像処理能力も求まられます。『WPC-766 / 766E』はIntel HD Graphics 530も内蔵された高性能CPUを搭載しておりますので、そのニーズに十分応えることができるだけでなく、完全なファンレス設計ですので、無音で静かな利用環境も維持できます。

更にIntel vPro テクノロジーにも対応しており、情報セキュリティの向上と共に、リモート・アクセス手法も強化されております。リモート・アクセスでの遠隔管理や監視をしながら、同時に情報セキュリティの安全性も確保される設計となっております。

 

写真:WPC-766WPC-766E

 

 

 

 

WPC-766E』は、PCI-Express 16スロットが搭載された拡張モデルとなり、「フルHD対応キャプチャーカード」も搭載可能となりますので、手術室用の多機能内視鏡システム等として、画像キャプチャーや録画等も容易に実現できるようになります。また、4kV絶縁のI/Oポート(COM x2, USB x1, LAN x 1ポート)』もオプション(PCI-Express 16スロット用のキャプチャーカード等との併用は不可)として追加可能なため、心電図、除細動器或いはMRI等の高電圧医療機器などの接続時も、「ノイズが隔絶されることで、信号の伝送品質が向上し、本製品と医療機器間も分離されることで、双方へ影響を与えることがなく、医療機器のメンテナンスも容易」となることで、利用者の操作安全性も更に向上させることが可能となります。

 

WPC-766 / 766E』は、スリムで堅牢なファンレス・BOXPCですが、多様な医療環境に適用できるように設計されております。メイン・メモリの最大容量は32GBまで拡張可能であり、外部I/OポートもUSB3.04ポートあり、LANポートも2ポート標準装備いるだけでなく、 シリアルポートは6ポートも標準装備されておりますので、多くの医療機器への接続が可能となり、応用範囲も広がる工夫が施されております。

 

表: WPC-766/766Eの主な仕様

 

 

また、本製品『WPC-766 /766E』は既に販売しておりますので、お気軽にお問い合わせください。お問合せは「sales_support@wincomm.com.tw」または「sales@wincomm.jp」までお願い致します。製品情報はhttp://www.wincomm.com.tw/に記載されております。

 

 

 

 


 
 
Home  About Us  Products  Solutions  News & Events  Contact Us    

Copyright © 2017 Wincomm Corporation. All rights reserved.